【痛そう】ダーマペンってやっぱり痛いの?

毛穴の開きやニキビ跡が気になるという方には、肌の再生治療「ダーマペン」がおすすめ!

施術で使用する美容液の種類によっては、ハリや弾力をアップするエイジングケアや肌質改善などさまざまなお悩みを解消できる施術です。

 

受けてみたいけど
ダーマペンって痛いのでは?
と、どうしても痛みが心配という方も多いのではないでしょうか?

 

そこで、本日はダーマペンの痛みについてご紹介していきます。

 

ダーマペンは痛い?

ダーマペンは、極細針を使って皮膚に小さい穴をあける肌の再生治療です。
傷を治そうとする肌の修復機能を活用し、肌質の改善やニキビ跡、毛穴の開き、肌の若返りなどのお悩みに有効です。

でも、肌に穴をあけるというのは、いかにも痛そう!と心配な方も多いと思います。

 

実際のところ

ダーマペンの痛みの強さは、針の長さによって変わる
と言われています。

 

ダーマペンは、肌の状態や対象とするお悩みに合わせて、針の穿刺深度を変えて施術を行います
ダーマペン4では、角質層~真皮層までのアプローチが可能で、0.2mm~3.0mmまでの範囲内を0.1mm刻みで変更できます。

 

では、どんな時に針を深くするのでしょうか?

それは、重度のニキビ跡など、肌のより奥層(真皮層)にアプローチが必要な症状の際に、針を深く設定します

  • ・肌質改善、毛穴調整:~1.0mm
  • ・ニキビ跡治療:1.5mm~

と目安があるようです。
また、皮膚の薄い目元部分などには浅め、毛穴が目立つ頬は深めなど、部位や症状によって深度を調整してくれます。

 

そして、針が深ければ深いほど痛みが強くなり、施術後の腫れも強くでやすくなります

ですから、毛穴治療とニキビ跡治療では、同じダーマペン4による施術であっても痛みの強さは異なることがわかります。

 

初回は浅めからスタート

初めてダーマペンをするという方は、
安全のため0.3mmからスタートする
としているクリニックもあります。

 

初回の設定値はクリニックによってさまざまですので、何ミリでなければいけないという規定値があるわけではないようです。

痛みの強さや施術後の炎症の度合いなど、初回は何かと不安ですので浅めの設定の方が安心!と言えます。

 

ただし、深いニキビ跡治療のためダーマペン4を受けるという方にとっては、「0.3mmでは全然効果ないよね?」と感じる方もいるようです。

 

治療にはそれなり費用がかかりますので、確かに、深いニキビ跡には効果があまりないとわかっている設定(針の深さ)で、1回分を使ってしまうのはもったいないですよね。

 

ですから、施術時の針の深度設定が気になるという方は、何ミリから始めるのかを事前に確認してくださいね!

 

ダーマペンは、何ミリからが痛いの?

実際にダーマペン4を体験した方の感想では、

0.3㎜~1.0㎜まではあまり痛くなく、麻酔なしでもなんとか我慢できる

という声が多いようです。

 

もちろん、痛みの感じ方には個人差があります。1.0mm以下の施術でも、

麻酔なしにして後悔した

麻酔をしてもかなり痛かった

という方もおりますので、一概には言えません。

 

また、1.0mm以上の深さでの施術は、それなりに痛みを感じる可能性が高くなりますので、麻酔の使用をお願いした方が安心と言えます。

 

マッサージピールが痛い?

浅めの針での施術は、比較的痛くなさそうなので安心。。。

と思いきや、実はダーマペンの施術自体よりも、肌に穴をあけた後に浸透させるマッサージピール(コラーゲンピール)が痛かったという方が多いようです。

 

ダーマペン4では、穴をあけた後にお悩みの目的別の有効成分が含まれている薬剤を塗布し肌に浸透させます。

傷をつけた部分に塗り込んでいくわけですから、薬剤の種類によっては沁みてヒリヒリするものもあるようです。

マッサージピールを使用に際し、灼熱感があると言われています。

 

ダーマペン4の副作用は?

ダーマペン4の施術後は、

  • ・赤み、ほてり
  • ・かゆみ
  • ・発疹

がでる可能性があります。

顔面じゅう真っ赤になる人も少なくありません。

 

症状の出方は、やはり針の深さによるところが大きく、表皮の施術であれば翌日には赤みが引く方が多いようですが、真皮までアプローチした際には、数日~1週間ほど赤みが続くこともあります。

炎症の度合いは個人差があります。

 

ダーマペンの痛みに関する口コミ

それでは、ダーマペンの痛みに関する口コミをチェックしていきましょう。

やはりニキビ跡治療の方は、それなりに痛みを感じているようです。

 

こちらの方は、ニキビ跡治療です。麻酔ありでも痛みを感じています。
また、施術後も4日間ほど赤みが続いています。

施術の内容・痛み・かかった時間
両頬と鼻のダーマペンと背中上下のケミカルピーリングで2時間半かかりました。
ケミカルピーリングは痛みはありませんが、冷たいのを我慢するのが大変でした。
ダーマペンは表面麻酔をしていましたが、パワーが強いとそこそこ痛かったです。
施術後どのような経過を辿りましたか?
背中の施術後は特に赤くなる事はありませんでした。
顔の施術後は4日間は赤くなっていましたが、今は赤みは引きました。
まだ1回目なので肌の状況は特に変わらず。今後に期待します(一部省略)

引用元:QWINTET

こちらの方は、ニキビ跡、毛穴対策として受けています。
ダーマペンよりもコラーゲンピールの塗布が痛かったようです。

施術の内容・痛み・かかった時間
最初なので1mmでやっていただきました。
私が遅刻したせいで麻酔クリームの塗布時間が少し短くなったのもあり、痛みは少し感じました
顔全体にダーマペンをして頂いた後、コラーゲンピールをやりました。ダーマペンよりはるかにコラーゲンピールがめちゃくちゃ痛くて少し涙が出ました。ただ、時間は一瞬です。
施術後どのような経過を辿りましたか?
当日は真っ赤になり、翌日、翌々日と赤みがありましたが、だんだん気にならなくなりました。3日目以降は全く赤みは気になりませんでした。
1週間〜2週間経過したくらいから、なんとなく肌のハリやキメが細かくなった気がします。(一部省略)

引用元:QWINTET

こちらの方は、目の下のシミ、顔の側面の色素沈着、ニキビ跡の凹凸、顔のクスミ感への対処です。
やはりコラーゲンピールの痛み、灼熱感を訴えており、VIO脱毛よりも痛かったようです。

施術の内容・痛み・かかった時間
痛み・・
ダーマペンは、麻酔クリームがあまり行き渡らない目の近く等はイタタ!と言う感じでしたが、基本的に麻酔クリームをしているので、頬等の面積の広い部分は痛みはさほどありませんでした。
ニキビ跡や色素沈着等、治したい部分は重点的に往復するので、何度も肌を引っ掻いているなぁと言う感じがします。(肌に針を刺して綺麗にする施術なので問題はありません。)

その後の弱電流も、少しピリピリする感じで、痛みもさほどではありませんでした。
冬、スキーで肌が日焼けしてピリピリする感じに似ています。

そして問題のコラーゲンピールは、すごく熱かったです!!説明に聞いていたとおり、灼熱!と言う感じで、肌全体が燃え上がる感じでした。
最初受けたときは、こんなに熱く痛いものかと驚きました(笑)V IOよりびっくりの痛みで、思わず声を上げてしまいました〜(^^;(でも2回目は平気でした!)

トータル、1時間半くらいかな?
施術後どのような経過を辿りましたか?
3日くらい経つと、肌の赤みは引き、マスク無しでも大丈夫になりました。
重点的にダーマペンを当てた所はまだ赤いですが、ちょっとニキビか肌荒れかな?くらいに思われる程度なので問題は無いでしょう。

2日、3日経ち、鏡を見てみると、まだ赤みはあるものの、たるみ毛穴がなくなり、毛穴も引き締まった印象、そしてツヤが増してるように思います。絶対に前より肌が良くなっており、施術の効果が現れています!(一部省略)

引用元:QWINTET

こちらの方は、頬の毛穴への施術です。
麻酔ありで施術中の痛みはなく、施術後の赤みは数時間です。

施術の内容・痛み・かかった時間
機械音だけ聞くととても痛そうに感じますが、麻酔クリームを塗ってもらったので痛みはありませんでした
施術後どのような経過を辿りましたか?
ダーマペン4、3回目です。施術後2~3日後に皮むけがありました。皮むけが落ち着いた後はつるつるになります。(一部省略)

引用元:QWINTET

まとめ

ダーマペンの施術中の痛みについてご紹介しました。

 

毛穴の開きや肌質改善治療では、さほど痛くないという方も多いようですが、ニキビ跡治療では針を深く刺す分、それなりに痛みはあるようです。

また、ダーマペンの施術と同時に塗布する美容液によって痛みがでるケースもあることがわかりました。

 

痛みに弱いという方は、麻酔の使用について必ず事前に確認してくださいね!

コラム一覧へ戻る